無料ホームページからのサイトを移転させる方法

いよいよジオシティーズがサービスを終了することになりましたので、ここで無料ホームページからサイトを移転させる方法について書いておこうと思います。(分かっている人はコードのまとめへ飛んでください。)

ポイントは、2点です。

1)サイトの検索上の地位に関連する情報(ページランクなど)を移転先に移し替える。

2)訪問者を新サイトに飛ばす。

一般に無料ホームページでは、サイトの流出を防ぐため、.htaccessの使用を禁止しているため、これを使った移転ができません。

そこで、やることは以下の2点です。

1.rel=”canonical”のlinkタグで情報を移す。

書式は以下の通りです。

<link rel="canonical" href="移転先URL">

例)
<link rel="canonical" href="https://hotaruweblog.com/">

設置場所はhead内です。つまり<head>と</head>の間です。

これにより、検索エンジンのデータベースが書き換わり、旧サイトの情報が新サイトに移動します。これをやっておかないと死にますので、忘れないこと。

なお、linkのタグですが、クリックして飛ぶリンクではありませんので、御注意下さい。

2.meta refreshで新サイトに飛ばす。

<meta http-equiv="refresh" content="0;移転先URL">

例)
<meta http-equiv="refresh" content="0;https://hotaruweblog.com/">

「content=”0;」のところの「0」ですが、ゼロ秒で飛ばすという意味です。好みにより、5~10ぐらいを設定してもいいです。5だったら、5秒経過したら、自動的に飛ぶと言うことです。

なお、上記のタグの設置場所ですが、上のlinkと同じく、head内です。

Googleはこのmeta refreshで飛ばす行為を嫌っていますが、昔からの伝統的なやり方なので、検索エンジンスパムなどをやっていないのであれば、使えばいいと思います。実際、私は今まで何度も使ったことがありますが、これと言って問題はありませんでした。

今回のジオシティーズの場合ですが、転送設定ができるようになっています。しかし、この設定よりも先に上記の二つの設定を行い、新サイトが検索結果に表示されるのを確認してください。

これは重要です。たぶん2週間~1か月で表示されるようになるはずです。そうしたら、ジオシティーズの転送設定を行ってください。これは3月31日までに設定することになっています。遅くとも3月に入ったら、やっておくことです。

最悪忘れても、上記の二つが完了して、検索で新サイトが表示されれば、何とかなります。どうせ6か月しか転送してくれないので、あってもなくても、大した問題ではありません。まあ、いつも来てくれている訪問者の一部は路頭に迷うかもしれませんが・・・。

根性があれば、きっと検索して見つけてくれるでしょう。

3.移転のためのコードをまとめると・・・

<link rel="canonical" href="移転先URL">
<meta http-equiv="refresh" content="0;移転先URL">

関連ページ:
無料ブログからWordPressなどに移転する方法