ヘッダー画像を3点追加しました/ヘッダー画像の作り方公開

昨日、このブログにヘッダー画像を7点アップロードしましたが、調子に乗って、さらに3点追加でアップロードしました。実質的には写真2枚なのですが、例によって、切り取り方をちょっと変えたものを別の画像としてアップロードしたので、3点になりました。

ブログは自分が楽しいから運営するものなので、自分が楽しければいいかなと思います。ヘッダー画像を作るのが楽しくなったので、どんどん作ってしまおうかな。

ヘッダー画像の作り方ですが、私はまずこれぞと思った写真を画像処理ソフトで適切な大きさに変えます。リサイズです。Twenty Seventeenでは、2000x1200pxなので、縦横比により、横幅を2000pxにしてリサイズするか、縦を1200pxに指定してリサイズします。

次に、はみ出る部分を取り除くため、2000x1200pxでトリミングします。どこを切り取るかで、写真の印象が変わりますので、いろいろやってみます。

トリミングは目分量ではなく、まずキーボードで数値によりサイズを入力し、最初は適当に目分量で位置を決めた後、キーボードで数値を打ち込むことにより、位置を移動さます。細かいですが、こうした方がきれいに仕上がります。

トリミングまで終わったら、次は名前を入れます。名前を入れるのは、画像処理ソフトでもできますが、私が上記の処理で使っているソフトはあまり出来がよくないので、きれいになりません。そこで、ホームページビルダー付属のウェブアートデザイナーを使います。

画像を右クリックして、ウェブアートデザイナーで開くと簡単です。ロゴを作るツールでロゴを作ります。その際に縁取りを入れます。縁取りは何色でもいいのですが、今回は文字をオレンジにしたので、縁は白にしました。文字が見やすいように、縁はなるべく幅を広くします。

問題はこの名前のロゴをどこに置くかです。置く場所により、写真の見え方が違ってきます。普通は右下ぐらいに置きます。なるべく隅っこにやると、写真が映えますが、名前をもっと前面に出す場合は、できる限り中央に寄せた方がいいです。

文字の大きさも大切です。写真をきれいに見せたいときは、文字をできるだけ小さくした方がいいのですが、名前を前面に出したいときは、大きな文字がいいです。

ロゴを大きな文字にして、中央に寄せて置くと、第三者による写真の流用の防止にもなります。と言うか、これが最大の理由だったりします(笑)。

黒い枠を付けた写真もありますが、これはこのソフトで2000x1200pxの四角形の画像を作り、色を黒に指定して、その上に写真を載せたものです。写真はさらに縮小してあります。縦を1100pxに指定してリサイズしました。縁を黒くすると、トンネル効果と言って、写真がきれいに見えます。

画像はなるべくファイルサイズを小さくした方がいいので、JPEGで保存して、完了です。後で、必要に応じて編集しやすいようにキャンバスも保存しておきます。

じゃあ、またね。

関連ページ:
ブログのヘッダー画像のアップロード/WordPress公式テーマTwenty Seventeen