WordPressの引っ越し方法

これは、WordPressのブログを引っ越す方法についてのメモです。

ここで、「引っ越す」というのは、サーバーを変えると言うことです。

WordPressの引っ越しはあまり難しくはありません。しかし、静的サイトほど簡単でもありません。データベースが絡んでいる分だけ面倒だというに過ぎません。

1)データベースのエクスポートとインポートが必要となる。

2)データベースの接続情報を書き換える必要がある。

上記、2点だけです。

あと、キャッシュを使っている場合は、それを停止してから移転します。

手順です。

準備: キャッシュのプラグインを停止します。

1)引っ越し元でFTPによりpublic_html内(サーバー会社によりディレクトリー名は異なる)のデータをローカルにダウンロードする。

2)引っ越し先でFTPによりpublic_html内へデータをアップロードする。

3)引っ越し元でphpMyAdminに入って、データベースをエキスポートする。

4)引っ越し先でデータベースを作成し、phpMyAdminにログインし、3のデータベースのファイルをインポートする。

5)引っ越し先にて、ファイルマネージャーなどのツールを使い、wp-config.phpを編集し、下記部分を書き換える。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'hotaru_database');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER',
≫続きを読む

画像などへの直リンクによる外部呼び出しを禁止する方法

画像などに直リンクを貼り、自分のサイトの外部から呼び出すということをする人がいます。これはマナー違反です。放置すると、自分のサーバーのリソースを消耗し、困ったことになります。これに対する対策としては、これをこちらのサーバー側で禁止するしかありません。

禁止するには、下記記述の.htaccessを画像ファイルを置いているディレクトリーに設置します。下記のような.htaccess以外では禁止する方法がありません。

自分のサイトを訪問している人のみ許可する場合

自分のサイト:abc.com

SetEnvIf Referer "^http://www\.abc\.com" allow_ref
SetEnvIf Referer "^http://abc\.com" allow_ref
SetEnvIf Referer "^https://www\.abc\.com" allow_ref
SetEnvIf
≫続きを読む

UTF-8の.htaccessによりエラーが発生する場合

.htaccessで500のエラー(Internal Server Error)が発生するのはよくあることですが、大抵は、どこか記述に間違いがある場合です。エラーログを見ると、ある程度、原因がわかりますが、エラーログを見ることができないと、よく見直すか、推測するしかありません。(さっさと要点を見たい場合は ≫続きを読む