www付きhttpsまたはwwwなしhttpsへ統一する.htaccess

サイトをSSL化するのが常識化しました。今のところLet’s EncryptによるSSL化に対応していないサーバー会社あるいはサーバーは、X2サーバー(エックスサーバー)とクイッカぐらいです(2019年4月22日現在)。

こういう時代遅れのサーバー会社はいずれ淘汰されていくものと思われます。

さて、SSL化したなら、URLもhttpsで始まるURLに統一した方がいいですね。httpの方にアクセスすると、ブラウザー上で警告を受けますので、訪問者側では不安が生じます。これは回避すべきだと思います。

ついでに、www付きかwwwなしかどちらかに統一した方がいいです。これは必須とは言えませんが、URLに二通りあると、不安に思う訪問者もいるでしょう。訪問者に安心感を与える上で、この点でもURLを統一しておくのは意味があると思います。なお、もし統一していない場合、検索上では、検索エンジン側がどちらかに勝手に決めて、表示しますので、現状、検索に関してはあまり心配はいりません。

そこで、場合に分けて、.htaccessのディレクティブを載せておきます。

下記は、SSLアクセラレーターを使っているサーバーの場合です。

1)www付きで、httpsに統一する場合

#www付き、httpsへ統一
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^hotaruweblog¥.com [NC]
RewriteCond %{SERVER_PORT} 80
RewriteRule ^(.*)$ https://www.hotaruweblog.com/$1 [R=301,L]

2)wwwなしで、httpsに統一する場合

#www付き、httpsへ統一
RewriteEngine
≫続きを読む

Seesaaブログでサイドバーにリンクを貼る方法

Seesaaブログではサイドバーにリンクを貼る仕組みが用意されていませんので、自分で作る必要があります。

まず、管理画面から「デザイン」→「PC」→「コンテンツ」と進みます。

左端に「自由形式」というパーツがあるので、これをリンクを貼りたい場所にドラッグ&ドロップで持って行きます。右のサイドバーでも左のサイドバーでも、あるいは、奇想天外な記事下でもいいです(笑)。

歯車マークをクリックすると、パーツの中に表示したいコードが書けるエリアが「自由形式」という名称で出ますので、そこにHTMLで書きます。実際にリンクだけ書くと、みっともない形になりますので、自分でCSSを書いて調整するのも一手です。しかし、面倒なので、すでにテンプレートの中に書かれているCSSをそのまま利用するのが最善です。保証の限りではありませんが、これならテンプレートを変えても大丈夫かもしれません。

具体的にはこんな感じです。

<div class="sidetitle">リンク</div>
<div class="side"><a href="https://hotaruweblog.com/" target="_blank">ほたるのブログ</a></div>

「名前」の所に「リンク」などと書いておきます。これは表には出ませんので、わかりやすい名称を入れておけばいいです。表に出るのは、自由形式内に書かれたものだけです。

ポイントは、パーツの名称部分のクラスが「sidetitle」でパーツのコンテンツ部分が「side」ということです。

なお、リンクを記事下に載せたい場合は、上記のクラスは使えませんので、自分で適当なCSSを書いて調整することになります。

やってみるとおもしろいかもしれません。

なお、スマホやフィーチャーフォンの方にも同様にリンクを貼ることを忘れないようにしましょう。「デザイン」→「スマートフォン」→「コンテンツ」などと進みます。場所は記事下やヘッダーがよいと思います。

フォントサイズを指定しないと文字が小さくなる様です。remで指定します。別にpxやem等でもいいのですが、どうやらSeesaaブログではremを使っている様なので、rem(「root em」の略)にしておけばわかりやすいかもしれません。

スマートフォンの場合のコードの例

<div style="margin-top:20px;margin-bottom:20px;font-size:16rem;">リンク</div>
<div
≫続きを読む

Proudly powered by WordPressのリンクを消す方法

WordPressの公式テーマでは、画面下に”Proudly powered by WordPress”のリンクが表示される仕様になっています。WordPressを使用する上で、このリンクは消しても、法律上、全然問題ありません。企業サイトの場合、消すのは当然ですが、個人サイトの場合でも、いらないものは全部削除してすっきりさせるのはよいことだと思います。

消すと不都合があるとすると、もしかしたら、検索順位が落ちるかもしれないことぐらいですね(笑)。まあ、普通に考えてそんなことはないとは思いますが、絶対にないかと言われると自信がありません。そんなことがある可能性は、ざっと適当に考えて10%ぐらいの確率だろうと思われます。

昔、Googleがこういうリンクはスパムだと言って、ペナルティーの対象にしたことがありましたが、最近はそんな話も聞かなくなりました。そもそも、サービスを提供しているサイトへのリンクを消せなんて横暴な話ですよね。まあ、みなさん、Googleにだけはリンクを貼ってやらなことにしましょう(笑)。

そう言うわけで、いらないリンクであるProudly powered by WordPressのリンクの消し方です。やり方はいろいろあります。

CSSの編集による方法

一番簡単な方法は、CSSによって消す方法です。下記の一行をstyle.cssに書き込みます。

.site-info { display: none; }

これで終わりです。

PHPのファイルの該当コードを削除する方法

phpのファイルを触る方法もあります。

このリンクははフッター部分にありますから、footer.phpにコードが記載されています。これを消します。

子テーマを使っている場合は、まずfooter.phpを親テーマから子テーマにコピーします。FTPを使えば簡単ですが、それも面倒な場合は、プラグインでもできます。

Child Theme Configuratorだったら、下記の様にチェックをいれて、青色の「Copy Selected to Child Theme」をクリックすればいいです。

コピーしたら、編集します。例えば、Twenty Fifteenなら、下記部分を消します。

		<div class="site-info">
			<?php
				/**
				 * Fires before the Twenty Fifteen footer text for footer customization.
				 *
				 * @since Twenty
≫続きを読む

海外からのアクセスを遮断する方法

海外からのアクセスはスパムが多いので、海外在住の日本人に見せる必要がないのなら、海外からのアクセスは全て遮断するのがいいです。私はいつもそうしています。

方法は、.htaccessに日本のIPアドレスを並べて、それだけを許可すればいいです。日本のIPアドレスはこちらで手に入ります。

ただ、これをそのまま使うと、検索エンジンのクローラーまで拒否してしまうので、検索エンジンのクローラーだけは許可する必要があります。

それにはこう書きます。

#検索エンジンのユーザーエージェントを列挙し、ラベルを付ける。
SetEnvIf User-Agent "Googlebot" allow_ua
SetEnvIf User-Agent "bingbot" allow_ua
SetEnvIf User-Agent
≫続きを読む